スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書の秋 

久しぶりに一気読みしてしまった1冊。
赤い指 赤い指
東野 圭吾 (2006/07/25)
講談社

この商品の詳細を見る

東野圭吾は結構好きで、だいたいの本は全部読んでいる。
忘れかけてるのも多数あるけど。
彼の作品の中でも一番号泣したのは「手紙」。
今頃映画化されるのか、と思いつつも観る気はない。
私が本の中から思い描いたままのイメージを壊したくないからね。

最新刊の「赤い指」は今の時代に反映した内容だった。
簡単にあらすじを言ってしまうと、ボケた自分の母を、罪を犯した自分の息子の代わりに殺人犯にしたてあげるというものだった。
しかし真実は・・・・。
ここに登場してくる妻がかなりにくたらしい存在だけど、今は少なくないのだろうか・・・。
さらにその背景の裏に、もう1つの物語も隠されている。
終わり方もだいどんでん返しがあって、考えさせられるストーリーだった。
たぶんこちらも何年後かに映画化されそうな予感がする・・・。


今年も(?)っていうかいつもだけど図書館に通いまくりの秋になりそうです(^ー^)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://panapana333.blog53.fc2.com/tb.php/239-163240ea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。