スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卵チェック 

低温期16日目。

タマゴちゃんはわずか2日で18ミリまで成長していました。
(一昨日は14ミリ)

「明日がピークでしょう。明日明後日(関係もって)ね。」
と先生は基礎体温表の日付欄に○ポチを書いてくれる。
すごい・・・先生が診察日を指定した今日は、きっかり排卵直前だった。

病院に通いだして3周期目。
今月はさらに新しい薬を処方してくれた。
高温期に飲む「デュファストン」という錠剤だ。
説明書には”女性ホルモンの働きが十分でないときに起こる症状を改善する薬。生理をコントロールする薬。切迫流早産のときにも用います”と書いてあった。
1日3回毎食後(10日分)排卵が済んだ20日目から飲むように指示された。
これまで飲んでいたテルグリドと漢方薬はあと数日残ってる分で終了。
やっと習慣づいてきたのにおしまいだって。
ちなみに帰ってから排卵検査薬も試してみたら、ちゃんと陽性反応示してました。

本日のお会計:2,180円

今日は待合室がやたらベビ持ちのママさん達で混んでいました。
その中に20代くらいの若いコ(Aさんとします)がポツンと1人雑誌読んで座っていました(お腹はペっタンコでピッタリしたようなジーンズ履いていたので妊娠はしてないと思われる&結婚指輪なし)。
ちょっと可愛いかったので、目で追っていました(^^;
そしたら友達らしき女のコ(Bさんとします)がそのコの所にやってきて声をかけました。
どうやら偶然に・・・しかも○年ぶりかに再会したような感じ。
明らかにBさんはお腹ポッコリで妊娠中。
Aさんの様子を見ると「こんなところで会いたくなかった~」みたいな作り笑いをしている。
Bさんの方は「結婚して今はどこどこに住んでいるんだぁ」と嬉しそうに話し掛けている。
まず質問するであろう「どうしたの?(なんで産婦人科きたの?)」というような声は聞こえてこなかったけど、Aさんの方はあまりBさんと話したくない感じだった。
たまたまBさんがお会計で離れた時に、Aさんのところに看護師さんがカルテを持って次の診察の予約をとりに来てたけど、そのやりとりからやっぱり妊娠はしてない様子。
とすると不妊治療か婦人科系の病気か・・・。

自分も懐妊して通っているときになら、産婦人科で偶然誰かとバッタリ会っても構わない。
しかしそうではない場合、一番誰にも会いたくない場所である。
幸い私はここが地元ではないため、知ってる人に会う確率は0%に近い。だから毎度「知ってる人に会ったらどうしよう」とかコソコソするようなことはなく、堂々と待合室にいる人達を見渡すことが出来る。
この点は有り難いことなのかもしれない。

この後2人は携帯でメルアド交換などしてたけど、この先やりとりするのだろうか・・・。
来年には「産まれました」の幸せに満ちた写真付きハガキが送られてくるだけであろう・・・(--)
スポンサーサイト

コメント

ただいま!

排卵日だね。仲良しできたかな?

AさんとBさんの話、見ててつらいもんがあるね。
Aさんはきっとすぐに授かった子なんだろうね。そうじゃないともうちょっとBさんに気を使うと思うし。
久々に会えて嬉しかったろうけどBさんは逆に会いたくなかったかも。
これからBさんは逐一報告を受けるんだろうね・・・。

あぁ、カルボナーラ食べたくなってきた。。。

排卵日とその前日2連チャンで頑張りました!ハイ、今月はもう店じまいです(笑)


あっAさんとBさん逆なんだ(笑)
分かりにくい書き方でゴミンニ(^^;
そう、なんか見ていてこっちまで胸が痛くなってきちゃったよ。
苦労なく妊娠した子にはこの気持ち分からないだろうね。
両親からの虐待&自分の子供を殺しちゃうニュースとか見ると、本当に子供って授かりものなのなぁ?って疑問に思っちゃうよ・・・。
やっぱり世の中不公平だわ・・・ちょっとひねくれてみた(苦笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://panapana333.blog53.fc2.com/tb.php/256-fbd538fc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。