スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大腸がん検査 

ハイ、受けてきましたよ。

『大腸がん検査』

肛門からの内視鏡検査…。

前日から食事制限して、当日は水以外もちろん絶食。

朝から半日病院に監禁状態。
よくいえばマンガ喫茶。テレビのついた個別ブースに入れられて、2リットルの下剤ドリンク付き(笑)

この下剤というのが濃厚なスポーツドリンク味で、最初はそうマズく感じなかったんだけど、残り500ミリともなると、さすがに吐き気を覚えてきて、断念…。

検査的には便の状態からして問題ないので、すんなり予定時間に検査室へ。

おしり部分に穴のあいた紙パンツの検査着に着替えさせられ、ドキドキでそのときを待つ。

いよいよ先生がやってきて、お尻に注射打たれ、肛門から麻酔薬も入れられたけど、とても効いてるとは言えない…。
意識朦朧なんてもんじゃない。
ハッキリ今のおかれた状況分かってます、状態。

先生の手には、先が光り輝く太めの(!)ファイバースコープ。

点滴に繋がれて、いよいよ私のお腹の中に入ってくる~。
「はい仰向けになって~、今度は左~」と身体の向きを変えながら、内視鏡をずんずん奥まで投入。

モニターで初めて眺める自分の腸。
なかなかキレイではないか。

管を押したり引いたり…ぐるぐる、きゅーきゅーお腹がなる。
それに時々違和感も…。
でも「痛い!」って感じじゃない。
ただ不快なだけ。
たまに圧迫されるような刺激もくるので、「うんこ漏らしたらどうしよう」なんて真剣に肛門締めてみたり…。

検査時間は30分くらいだったかな。

小さな良性のポリープが肛門付近に一つあったみたいだけど、自然になくなる可能性もあるので経過観察でOKとなりました。
痔以外(笑)とくに問題なし。
良かった~☆
また一年後に検査やりましょうと言われたけどさ。


いやいやいや ぜひとも皆さんも機会があったら受けてみてください。

苦しいのは気持ちだけで、身体的には全然ないから

健康第一♪
スポンサーサイト

コメント

何もなくてよかったよ~><
がんばったね~

私も早く肛門科に行こう(笑)
平日仕事だし、土曜は午前しかやってないんだもん。。。なかなか行けてない。

>しゃもきち
出来たら肛門専門の病院の方が行きやすいと思うよ。
ヘタにいろいろ○○科ってあると患者もバラバラだし、何より恥ずかしいから。
軟膏でだいぶイボも小さくなってきた感じ^^
しゃもきちも早めに治しておこ~!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://panapana333.blog53.fc2.com/tb.php/399-ed4de230

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。